今までプログラミングに一切触れてこなかった人やプログラミングを学び始めたばかりの初心者がプログラマーとしてのスキルと知識を身につけていくためには、環境づくりがとても重要になってきます。

環境が整っていないと思うように学習を進められないだけでなく、最悪の場合、挫折してしまいかねません。

そこでこの記事では、プログラミング初心者がプログラミングの技術を上達させるために知っておきたい、環境作りについて詳しく紹介しています。

これからプログラミングを本格的に学んでいきたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

必要なものを揃えよう

プログラミングの学習を始める場合、まずはプログラミングの学習に必要なものを揃えなくてはいけません。

プログラミングの学習を進めるために必要になってくるものについて確認しておきましょう。

プログラミングを学ぶのに必要なものは多くない

とはいっても、プログラミングの学習に必要なものはそれほど多くありません。

初心者がプログラミングの勉強を始める場合、まずはHTMLやCSSから入っていくことになります。

HTMLやCSSは厳密にいうとプログラミング言語ではなくマークアップ言語になりますが、難易度が高くないので、プログラミングの基本的な考え方を学ぶには最適な言語だといえます。

HTMLやCSSの学習に必要なものは、パソコンとインターネット環境だけです。

ソースを書くためのテキストエディタはパソコンに最初からインストールされているので、パソコンとインターネット環境さえ揃っていれば、すぐにでも勉強を始めることができます。

学び続けられる環境作りが何より大事

プログラミングの知識やスキルを上達させるためには勉強を継続していくことが必須になってきます。

そのため、学び続けられる環境を用意できるかどうかがとても重要です。

学び続けられる環境が用意できるかできないかで、プログラミングの上達具合に差が出てくることもあります。

これから勉強を始める方や勉強を始めたばかりの初心者は、継続的に学んでいける環境を用意しましょう。

独学では挫折してしまう可能性も

初心者が継続的にプログラミングを学んでいける環境づくりを考えるときに注意しなければいけないのが、挫折してしまう可能性についてです。

独学でプログラミングの勉強を進めいこうと考えている方は特に注意しなければいけません。

プログラミングは必要な要素や動きをコードで記述していきますが、この記述方法に誤りがあると上手く動作してくれません。

ちょっとした記述ミスでも上手く動作しなくなってしまうので注意が必要なのですが、初心者の場合、この記述ミスになかなか気づくことができません。

記述ミスに気づけないと上手く動作しない原因が解明できず、その後の作業を進めることができなくなってしまうので、その結果諦めてしまうことになります。

独学は自分のペースで学んでいけるというメリットがある反面、何か問題が起きたときに自分で解決しないといけないというデメリットがあるわけです。

スクールなら継続的に学んでいける

初心者の方が本気で継続的にプログラミングを学んでいきたいと考えているのであれば、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

プログラミングスクールでは現役のプログラマーや実務経験の豊富なプログラマーが講師となり、指導してくれます。

現役のプログラマーに指導してもらうことで、より効率的にプログラミングが学んでいけるというわけですね。

また、プログラミングスクールの講師は経験豊富なので、何かミスしてしまいうまく動作しなくなった場合でも、すぐに原因を解明し解決してくれます。

そのため、ミスの究明に時間を取られることが少なくなりますし、独学の場合と比べ、挫折してしまう可能性がうんと低くなります。

さらに、どこが悪かったのか、どうやって解決したのかについて学ぶこともできるので、今後同様のミスが起きてしまう可能性も低くなります。

初心者がプログラミングのスキルを本気で上達させたいのであれば、プログラミングスクールで学ぶのが最適だということですね。

脱初心者を実現するプログラム環境作りのコツ

勉強しているだけでは実践力は身につかない

これからプログラミングを学ぶ方やプログラミングを学び始めたばかりの初心者の方は、1日でも早く初心者という状態から抜け出すことを意識しなければいけません。

初心者の方がプログラミング初心者を抜け出す場合、プログラミングについて勉強しているだけではダメです。

プログラミング初心者を抜け出すためには実践力が必要になってくるので、実践力を身につける必要が出てくるのですが、勉強しているだけではいつまで経っても実践力は身につきません。

では、実践力を身につける方法にはどういったものがあるのでしょうか?

Web関連会社で働く

実践力を手っ取り早く身につけたいのであれば、プログラミング技術が業務で必要になるWeb関連会社で働くのが一番です。

物事を極めるためには、その現場で働くのが一番ということですね。

現場で働くことでプログラミングの技術が上達するのはもちろん、仕事の進め方や業務の効率化を図るための応用的な考え方なども学ぶことができます。

これらは独学で勉強を続けているだけでは絶対に身につけることはできません。

初心者を抜け出したいと考えている方は、まずはアルバイトや契約社員からでもいいので、1日も早くWeb関連会社で働くことを検討してみましょう。

サービスをリリースしてみる

初心者を抜け出したいのであれば、何かしらのサービスをリリースしてみるのもおすすめです。

勉強していくうえで身につけたプログラミングの知識やスキルを活かし、Webサービスやアプリなどを制作し、リリースしてみましょう。

こういったサービスをリリースした場合、自分のスキルを示すためのポートフォリオにもなるので、就職活動にも活かすことができます。

リリースまでの目標期日を定め、スケジュールを立てながら開発していけると尚良です。

まとめ

プログラミング初心者がプログラミングの技術を上達させるのに必要な環境づくりについて紹介してきました。

Web関連の技術はものすごいスピードで発展していっています。

そのために、プログラマーには日々の勉強が必須です。

そして、勉強を継続させるためには環境づくりも必須です。

今回紹介した方法を参考に、勉強を継続していける環境づくりを検討してみてはいかがでしょうか?

関連キーワード
プログラミングの関連記事
  • 【何から始める?】プログラミング初心者が学習をはじめる5つのステップ
  • 【東京】おすすめのプログラミングスクール・塾5選!
  • 【基礎から学ぼう】プログラミング初心者に教えたい勉強法を紹介!
  • 初心者がプログラミングを学習する上でおすすめの環境を紹介!
おすすめの記事