突然ですが、未経験者からプログラマーに採用される方法をご存知ですか?

実際プログラマーになりたくても、なかなか採用されない方やどんな求人に応募すれば良いか悩まれている方も多いです。

今回はプログラマー初心者でもプログラマーに採用されるための方法をご紹介していきます。

プログラミング初心者でも採用されるための方法5選

プログラミング初心者でも採用されるためには、大きく分けて5つの方法があります。

今回はそれぞれの方法をご紹介していきます。

採用される方法1:未経験者可の求人に応募する

プログラミング経験がない方が採用されるためには、まず応募する求人は未経験可の案件に絞ります。

当然と言えば当然ですが、未経験可の求人であれば、実務経験が必要な案件と違って採用される可能性が高くなります。

しかし未経験可の求人でも他に解説する方法もいくつか実行しなければ、採用のハードルはそれほど低くなりません。

採用される方法2:年齢が若い方はどんどん応募する

年齢なので、ご自身ではどうしようもない部分ではありますが、20代の方であればそれだけで採用される案件も少なくありません。

プログラマーの業界は常に人手不足ですが、年齢が高い人を1から育成して行く余裕はありません。

しかし20代の場合は、将来性を考えて会社に役に立つ人材になるために育成を行ってくれる企業は少なくありません。

その為、20代はパソコンの基礎知識があり、人柄が良ければ採用されることもあります。

しかし30代後半になってしまうと、それだけでは採用されることはまずありません。

若い方はスキルを磨いたりすることも重要ですが、どんどん未経験可の求人に応募していくことがおすすめです。

採用される方法3:プログラミングの知識を習得する

プログラミング未経験の求人でも、年齢が若い場合でなければ、プログラミングの知識がゼロでは採用されるのは厳しいですが、プログラミングの基礎を習得しておくことで採用される確立が大きく変わってきます。

まずは30代を過ぎている方はプログラミング知識を習得してから、プログラマー求人に応募することをオススメします。

プログラミングを学習する方法には、主に以下の4種類の学習方法があります。

書籍を利用して学習する方法

プログラミング入門などの本を利用して学習する方法です。

メリットは本さえあれば、勉強することができる点です。

しかしデメリットとして独学での学習になるため、わからないところは自己解決することが基本になってしまいます。

習得まで時間がかかってしまうため、ゆっくり学習していては年齢のアドバンテージがなくなる可能性があります。

また習得できずに挫折してしまう可能性もあります。

WEBサイトを利用して学習する方法

無料でプログラミングが学習できるWEBサイトを利用する方法です。

数年前までは、書籍で学習するのと差がないテキストベースの学習サイトが多かったのですが、無料の動画を視聴しながら学習できるサイトやゲーム感覚でプログラミングを学習できるサイトもあります。

メリットとしてはインターネットを利用できるスマホなどがあれば、自宅でなくても学習することができる点です。

またプログラミングの基礎だけであれば、ほとんどのサイトで無料で学習することができます。

しかしデメリットは書籍を利用した学習方法と同じで、わからないところは自己解決する必要があるため、習得するまでに時間がかかってしまう可能性が高いことです。

勉強会を利用して学習する方法

プログラミングなどIT関係の技術は各地で勉強会が開かれています。

勉強会に参加して学習することで、独学のデメリットだったわからないところ、参加者や講師に教えてもらうことができます。

参加費用も無料~数千円で参加することができます。

デメリットはある程度コミュニケーション能力がないと価値を見出せなかったり、都心を離れると参加できる勉強会が少ないため自分にあった勉強会に参加するには遠くへ足を運ばないといけない可能性があることです。

プログラミングスクールを利用して学習する方法

最後はプログラミングスクールを利用して学習する方法です。

プログラミングスクールにもよりますが、多くのスクールがマンツーマンか少人数制の対面式授業を行っているため、理解しやすく他の学習方法に比べて早くプログラミングを習得することができます。

また基礎を学習したあと何をしていいのか悩む方が多いですが、プログラミングスクールであれば応用までしっかり学習方法を学ぶことができます。

デメリットは受講料がかかるため、他の学習方法よりも費用がかかってしまうことです。

採用される方法4:在宅ワークで実務経験を積む

クラウドソージングには在宅ワークで受注することができる案件が多く存在します。

もちろんプログラミングの知識がなければ、仕事を受注することはできません。

しかしある程度プログラミング知識があれば、簡単な案件からステップアップしていけば十分実務経験になります。

成果物があれば、面接の時に実力を証明することができるだめ非常に有利になります。

採用される方法5:プログラミングスクールを活用する

採用される方法の中で一番オススメがプログラミングスクールを活用する方法です。

上述でプログラミングを学ぶ方法として、プログラミングスクールをご紹介しましたが、実はプログラミングスクールにはプログラミングを学ぶ以外にもメリットがあります。

全てのプログラミングスクールではありませんが、プログラミングスクールの中には就職・転職をサポートしてくれるところもあります。

プログラミングスキルを習得しても、面接などのときにアピールできなければ意味がありません。

しかしコミュニケーション能力が高い方であれば、できる方もいらっしゃいますが、なかなか自分でアピールするのは簡単ではありません。

しかしプログラミングスクールと繋がりがある企業であれば、プログラミングスクールから事前に売り込みを行ってくれるため、初心者の方でもある程度スキルが習得できた時点で採用される可能性が非常に高くなります。

終わりに

今回はプログラミング初心者の方がプログラマーとして採用される方法について、ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

初心者がプログラマーになることは、簡単ではありませんが、努力しだいでは決して不可能ではありません。

若い方であれば、どんどん求人に応募していくのがオススメですが、30代前半以降の方はプログラミングスクールなどを利用して確実に就職や転職を行う方法がオススメです。

関連キーワード
IT業界の関連記事
  • プログラミング初心者でも採用されたい!おすすめの方法5選!
おすすめの記事