いつまで可能?40代・50代フリーエンジニアが年齢を超えて稼ぎ続けるヒント

フリーランスは、定年がないのでいつでまでも働けることが魅力ですが、

いつまで働けるのか?
50代,60代になっても仕事はあるのか?

ということも心配ですよね。

しかし、40代・50代になってから「どう働けばいいのか?」ということを事前に知っておけば将来の不安がなくなります。

この記事ではフリーランスエンジニアが40代、50代で直面する悩み、安定して働き続けるための方法を紹介します。

40代・50代になってからどうすればいいのかを知っておくとシニアになってからも安定して稼ぐことができます。

40代、50代でもフリーエンジニアで活躍できる

まず結論からいうと、40代、50代になってもフリーエンジニアとして活躍することは十分に可能です。

なぜなら、50代でフリーエンジニアとして働いている人を何人も知っているからです。

フリーランスエンジニアだと、エージェントを使って常駐案件をこなしている人もいると思いますが、常駐の案件だと50歳までという年齢制限がついたものが結構あります。

でも、これ50歳以上の人も応募できるんです。

え。。でも50歳までなので契約できないんじゃ...

なんて心配は無用です。人が足りない現場は猫の手も借りたいので50歳を超えていても条件があえばまったく問題ありません。

ただし、条件があえばです。

50歳以上のエンジニアがなぜ敬遠されがちなのかというと、「思考が固まっていて頑固」なため使いにくいと思われているのです。

実際、そういう人は多いです。

今までの経験も豊富なので、昔の自分のやり方を通したいという人が多いんでしょう。

そのため、50歳以降でも常駐案件で採用されやすいのは、

スキル高く経験が豊富で難しい部分をこなせる
プロジェクトに有用な提案をしてくれる
人柄が素直で、チームに溶け込めそう

といった人です。能力が高く人間的に優れている人なら、50代以降でも仕事がなくなるということはありません。

40代、50代のフリーエンジニアに多い悩み

フリーランス協会の2018年フリーランス白書によると、以下のようなフリーランスの悩みがあるようです。

1位 収入がなかなか安定しない
2位 社会的信用を得るのが難しい
3位 仕事がなかなか見つからない

参考:フリーランス白書 2018

それぞれを詳しくみていきます。

収入がなかなか安定しない

この資料はIT系のフリーランスだけではなく、全業種のフリーランスなので収入が安定しないというのが悩みのトップにきます。

IT系フリーランスは、常駐案件があるので仕事がまったくないということはありません。

ただ50歳以上になると、年齢制限でなかなか仕事が決まらないということはあります。

社会的信用を得るのが難しい

社会的な信用というのは、クレジットカードが作れなかったり、住宅ローンが通らなかったりということです。

フリーランスになると社会的信用が落ちるということは、確かにあります。しかし、クレジットカードならフリーランスになる前に作っておけばいいし、

住宅ローンもフリーランスは絶対に無理ではありません。ある程度、安定的に稼げれば問題なく審査が通ります。

仕事がなかなか見つからない

準備なしでフリーランスになると、最初の仕事を得るのに苦労します。エンジニアの場合は、エージェントに仕事を紹介してもらうことができるので仕事が見つからないということはありません。

ただし、自分で営業して受託したい人には仕事を見つけるのは難しいです。常駐で仕事をしながら、自分でも仕事を探し続けるのがフリーランスで安定するコツです。

50代以降もフリーエンジニアで活躍するには

フリーランスエンジニアとして、50代以降も活躍するには仕事の幅を広げておくことです。単に常駐での仕事を受けて指示されたことをやるだけでは、長く働くのは難しいです。

具体的に仕事の幅を広げるには、

エージェントを増やしコネクションをつくる
契約の条件を柔軟にする
参画できたプロジェクトで信頼を得る
常駐案件以外の仕組みをつくる
プログラミング以外の能力を上げる
クラウドソーシングを活用する

それぞれについて解説します。

複数のエージェントから多くの案件情報を得る

50代からはエージェント経由での仕事依頼が少なくなります。面接まで進めても選考が厳しくなるため、なかなか契約できないということもあります。

そうはいっても、仕事がないわけではないので、エージェントにはできるだけ登録し、案件情報を多く手に入れるようにします。

契約の条件を柔軟にする

案件が少なくなるので、こちら側の条件を少しでも柔軟にしないと難しいです。単価を下げる、地方や通勤圏外でも工夫して参加するなど、あまり人が集まりにくい案件なども候補にしましょう。

参画できたプロジェクトで信頼を得る

フリーランスをやっていると、以前プロジェクトに参加した会社から指名されることはよくあります。

プロジェクトに参加したら、最低限の仕事はこなし、遅れ気味の部分をサポートするなどプラスアルファの価値を提供することで少しづつ信頼を得てください。

「信頼できる」「頼りになる」と思われると、50代になっても年齢関係なく依頼がきます。実際に僕が以前の働いていた現場では、信頼できる50代の方がいました。

やはり人柄もよく作業もきっちりこなすので、誰からにも頼られていました。そういうポジションを得ることができると強いです。

常駐案件以外の仕組みをつくる

フリーランスエンジニアだと常駐の仕事をする人の割合が多いですが、仕事を常駐だけに頼ると年齢が高くなるほど仕事の確保が難しくなることがあります。

フリーランスはなにをして収入を得てもいいのですから、自分で仕事を受注する、自分でWebサービスをつくる、ブログやSNSで広告収入を得るなど少しでも他の収入を得る努力をした方がいいです。

初めはうまくいかないかもしれませんが、続けるうちにコツがわかったり新しい展開がでるかもしれません。

プログラミング以外の能力を上げる

常駐でエンジニアをしているとどうしても設計や言語の能力だけが上がりがちです。

年齢が高くなってくると、プログラミングだけできても「じゃあ若くて安い人でいいや」となってしまうので、やはりマネジメント、リーダー、コンサルタントといった能力を伸ばす努力が必要になってきますね。

クラウドソーシングを活用する

クラウドワークスなどのネットを活用したサービスで仕事を受注することも視野にいれます。

単価が安い、キツイなどの評判もありますが、実績を重ねていくことで依頼が集まり、適正な単価の依頼だけを選ぶことも可能です。最近では60代や70代でもクラウドソーシングで働く人も増えているので、さらに先を見ると早めに始めておくのもいいかもしれません。

40代、50代からフリーランスを始めることは可能か?

いままでIT企業でエンジニアとして働いていてフリーランスが未経験の場合は、可能です。まずはエージェントに登録して相談してみてください。

年齢制限のある案件もあるので数は多くありませんが案件がないということはないので単価や条件を柔軟にすることで仕事を始めることは全く問題ありません。

40代、50代から未経験でフリーランスになれる?

このケースは正直にいってかなり厳しいとは思いますが、不可能ではありません。

条件としては、以下のどちらかは必要です。

コネで仕事をとれる
自分で仕事を作り出せる

エージェント経由での常駐案件は高年齢、未経験ではかなり厳しいです。

未経験から常駐案件を狙うのであれば、プログラミングスクールのフリーランスコースやフリーランス専門のエージェントに相談してみることです。人手不足で困っている企業が多い時期などタイミング次第では案件が見つかることもあります。

コネで仕事をとる

今まで仕事をしてきた会社や関係先、知り合いのツテから仕事をもらうのが一番可能性が高いです。40代、50代だと今までの経験や人脈は若い人よりも断然多いはずです。

知り合いの会社がITとは関係ない会社でもITに詳しい人がいなくて困っているケースなどもあります。事実、私は知り合いのツテで製造業の会社からパソコンのメンテナンスやシステム開発の製造、保守の仕事を受けています。

もう一度人脈を見直して、関与できる仕事がないか考えてみてください。

コネで仕事を取るコツ

コネでどうやった仕事が取れるんですか?ってよく聞かれるんですが、普段の人間関係が大切なので地道にコミュニケーションをとっておくことが一番なんです。

でも、自分がフリーランスでどんなことをやっているか教えておかないと依頼は来ません。しつこくなく、自然な形でアピールするしかありませんね。

とにかく多くの人にフリーランスを始めた挨拶をする
何をするフリーランスか業務内容を説明しておく

ということです。

すぐに仕事にならなくとも、何かのときに思い出してもらえて顧客を紹介してもらえることはよくあります。

自分で仕事を作り出す

フリーランスの仕事は自由なので、未経験で仕事がとれなければ無理に顧客を作る必要はありません。

例えば、ブログを書いて広告収入を得たり、自分でWebサービスをつくるなどやり方次第では年齢がいくつであっても関係ありません。自分が稼げるならどんな方法でもいいのです。

エンジニア未経験ならプログラミングスクール経由が可能性が高い

プログラミング未経験から、常駐系のフリーランスを目指すならプログラミングスクールを経由する方が確実です。

現状のところ副業やフリーランスを目指せるコースを提供しているプログラミングスクールはテックエキスパートか侍エンジニア塾しかありません。特にテックエキスパートのフリーランスコースでは、独立支援として案件の取得保証がついているので安心です

テックエキスパート

侍エンジニア塾

40代、50代におすすめのエージェント

ITフリーランスの常駐案件は40代までというものが多いので40代の人は特に問題はありません。50代になってくると常駐案件は少なくなってくるので、50代の案件が多くあるエージェントを利用する方が効率がいいです。

特に50代以降は年齢制限で案件すがグッと落ちてしまいますので、多くのエージェントに登録して常に情報を集める必要があります。

レバテックフリーランス
案件数、単価、実績と業界でもトップレベルのエージェントです。
案件が豊富なので高年齢でも案件が見つかりやすいです。

ギークスジョブ
レバテックフリーランスと並んで、案件数、実績が優れたエージェントです。
イベントも積極的に行っているので、フリーランスに不安があるならまずはイベントに参加するのもアリ。

SEES
40歳以上のシニアエンジニア向けのエージェントです。
単価は安めですが、40~50代以上向けの案件を多く扱っているので高年齢案件を探す手間が省けます。

フリエン
掲載案件数が3000件以上で、40代、50代が活躍できる案件も多く掲載されています。
コンサルタントはIT業界に精通しているので、案件の紹介もスムーズです。

スポンサーリンク
おすすめの記事