失敗しない!IT未経験者の転職エージェント利用の4つの注意点

未経験からITエンジニアに転職する時にも転職エージェントを活用できます。

しかし、転職エージェントを利用した一部の人からは、

サポートを受けられなかった
行きたくない企業に入社を急かされた
ブラック企業を紹介された
ITエンジニアはやめて前職の職種を勧められた

といった声を聞くことがあります。

転職エージェントは、うまく利用すれば転職活動に大いに役に立ちますが、何も考えずに登録してサポートを受けてしまうと失敗してしまうことがあります。

そこで、今回は未経験で転職エージェントを利用する際の注意点とその対処方法について紹介します!

この記事で分かること
転職エージェントの注意点がわかる
転職エージェントで困ることへの対処法がわかる

未経験者でも安心のおすすめ転職エージェントについては以下の記事を参照してください。

転職エージェントを利用した方が結果は出やすい

転職エージェントは、転職に関してはプロです。

多くの業界情報や各企業の内部情報、どのような人材を求めているかということをよく知っています。

特にITエンジニア未経験者だと、

・どの企業が未経験でも採用しているのか?
・自分のスキルから応募できる企業はどこなのか?

ということが転職サイトの募集要項からはわかりません。

やみくもに自分で応募するより転職エージェントを利用した方が効率よく転職活動をすることができるのです。

転職エージェントで注意すべき点

転職エージェントを利用した方が効率がいいなら、登録しないなんて損だな~

と考えるのが普通ですが、やはりメリットがあればデメリットもあります。

でも心配することはありません。

転職エージェントに登録する前に注意点を知って対処すればいいのです。

年齢や職歴によってはサポートが受けられない

転職エージェントへの登録は、誰でも可能です。登録自体が拒否されるということはありません。

しかし、年齢や職歴などの登録者の条件によっては、

紹介する案件がありません...

とサポートを断られるケースがあります。

サポートを断られる条件は転職エージェントによって異なりますが、厳しめの転職エージェントだと、案件を紹介する基準が

・28歳以下
・理系大学出身もしくは
・プログラミングスクール出身

逆に応募者の選別がない転職エージェントだと条件なしで案件を紹介してくれます。

タイミングの問題もあります。

結局案件を紹介できるかできないかは、企業の需要次第なので、40代~50代でITエンジニア未経験でも、その時に企業からの依頼があれば紹介してくれます。

ブラック企業を紹介される

ネットでよく目にするのが、転職エージェントにブラック企業を紹介されたというもの。

転職エージェントを信じて登録したのに、ブラック企業を紹介されたのでは納得いきませんよね。

しかし、転職エージェントはブラックでもなんでも、とにかく入社させようとは思っていません。

各転職エージェントで細かい規定は異なりますが、入社してすぐに辞められると以下のようなペナルティがあります。

・入社1か月で退職すると80%返金
・入社2か月で退職すると40%返金
・入社3か月で退職すると20%返金

入社させた人材がすぐ辞めるというのは、転職エージェントの会社的にも企業側にも心象がよくないので、求職者がすぐに辞めてしまうというのは転職エージェントの担当者にとって一番避けたいことなのです。

また、求職者と転職エージェント側でのコミュニケーション不足ということもあります。

ブラック企業を紹介されたという場合、以下のような2つの理由があるようです。

案内できる企業が少なかった

1つは求職者の経歴や年齢などの条件がよくないため、紹介できる企業があまり評判のよくないところしかなかったというパターンです。

転職エージェントもボランティアではないので、なんとか内定させて企業から売上を上げなくてはなりません。

そのため、求職者の自身の条件があまりよくないと入れそうな企業をとりあえずでも紹介します。

ブラックと認識せずに紹介した

ブラックの定義は難しいものがあります。

ある人にはブラック企業だったとしても、別の人は同じ会社でもブラックとは感じないこともあります。

特にITエンジニアの場合、仕事ができるできないでブラックと思うかどうか変わってきます。

またいくら転職エージェントは多くの企業を知っているといっても、すべての企業に精通しているわけではありません。

大手の有名なブラック企業ならわかるかもしれませんが、中小企業では内情を知らずに紹介してしうということはありえます。

行きたくない企業をしつこく勧められた

あまり行きたくない企業をしつこく勧められたというのは結構あります。

転職エージェントでは何人内定させたかのノルマがあるので、多少条件あわなくとも入社してもらおうという担当者はいます。

ただ、さきほども説明しましたが転職エージェントは、よほどダメな担当者でもない限り強引に入社させることをしません。

なぜなら、無理に推し進めて、早期に退職されるとペナルティになるためです。

自分の希望とは別の職種を勧められた

未経験で転職エージェントを利用すると、実務経験のある前職の職種を勧めてくるというのはよくあります。

それは経験がある職の方が短期間で内定が出やすいからです。

例えば、前職が営業だった人が営業に嫌気がさしてITエンジニアに転職しようとすると、

営業で転職した方が好待遇で決まりやすいですよ
未経験職種は年収も落ちるし大変ですよ

と説明してくると思います。

転職エージェントは、できるだけ高い年収で早く転職先が決まった方が売上になるので、その方が都合がいいのです。

もちろん、実務経験を生かした方が求職者自身も転職に成功しやすいので親切でいってくることはあります。

転職エージェントを上手に活用する3つのコツ

転職エージェントには、利用する際に注意しておいた方がよい点があります。

これらはすべて自分で対処が可能なので、利用しないというのはもったいないです。

転職エージェントに振り回されないでうまく利用するためには、転職エージェントの目的を知ったうえで、自分の意志をしっかりと持つことです。

転職エージェントは利益で動くと認識しておく

何度も言いますが、転職エージェントは商売です。

企業に求職者を仲介することで利益を得ています。

それさえ頭に入れておけば、転職エージェントの言うことがすべて正しいとは思わないですよね。

もちろん、中には親身になって転職の相談にのってくれて本当に求職者に合った企業に入社できるようにサポートしてくれる担当者もいます。

しかし、本音では早く内定がでて自分のところから入社してほしいのです。

そして、少なくとも半年は辞めないでほしい。

それさえわかっていれば、過剰な期待をして裏切られた、押付けられたという愚痴は必要ありません。

転職エージェントはあくまで自分の転職をサポートしてくれる業者と割り切ることです。

転職を決意したなら、自分の意思をしっかり持つ

押しに弱い人だと、「転職エージェントに急かされて内定が出た企業に入社してしまった」と後悔することもあるようです。

しかし、どんなに転職エージェントに急かされたとしても入社を決めるのは自分です。

あなたの経歴では内定でませんよ

とか

ここよりいい会社はなかなかありませんよ

なんていわれても、どういった会社に行きたいか、どういった会社には行きたくないかをしっかり自分の中で決めておけば迷うことはありません。

それでも、転職エージェントにあれこれ言われると、

そういうものかな...

と不安になるのは仕方ありません。

そういった理由もあって転職エージェントは複数利用しておくといいのです。

1つの転職エージェントだと、あなたの経歴では内定がでないといわれたとしても、別のエージェントだとまったく逆のことを言われることさえあるのです。

転職エージェント登録前に十分な準備をしておく

自分の意志を強くもつためには、なにをおいても事前の準備しかありません。

転職エージェントに登録する前に、

なぜ転職するのか
いつまでに転職したいのか
どんな企業に転職したいのか
どんな仕事をしたいのか
将来的にどうなりたいのか

ということを決めておくことです。

この準備ができていると、転職エージェントにあれこれ揺さぶられても問題ありません。

もし条件的に無理だといわれても、別の転職エージェントに相談すればいいだけです。

3つか4つの転職エージェントで、すべて無理だといわれたらさすがにそれは無理なのかもしれませんが、中には無理でも、どうすればいいのか指針を教えてくれる担当者もいるはずです。

妥協できる点、絶対に譲れない点をよく考えて自分で修正すればいいのです。

まとめ

転職エージェントは無料で利用できるので、ITエンジニア未経験者でもサポートしてもらえるなら絶対に登録した方がいいです。

しかし、担当者によっては入社を急かされたり、あまり条件が合わない企業を勧められたりすることもあります。

転職エージェントもビジネスなので、なんとか入社させてきます。

とはいえ、無理に入社させてもすぐに辞めてしまうとペナルティがあるので、あまり強引すぎることはしません(しないはず...)

入社は、あなたの意志が最重要です。

転職活動を始める前に、転職する意味、いつまでに、どんな企業に転職したいかといった事前準備をしっかりしていれば問題はありません。

転職エージェントを上手に活用して後悔のない転職をしてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事