【客先常駐SEの将来性】SESで将来が不安な人が進むべき4つの道
Success businessman cheering against concrete wall with huge door ,sunrise scene city skyline outdoor view .

SEやプログラマなどのITエンジニアにとって

「自分はいったい、いつまで働けるのか?」

ということは非常に気になりますよね。

特に客先常駐型のIT企業では、働いている人は20代~30代が多く、40代は少しという若手中心の企業が多いと思います。

客先常駐のSEで現在働いている人は将来的にどのようにすればいいのか?

この記事では、 現在SES(客先常駐型のIT企業)で働いている人が将来どのように進めばいいのかを解説します。

40代以降は客先常駐がダメな理由

客先常駐企業では、人月単価で売上を上げているので40代、50代で単価が上がった優秀な人よりも若手の方が好まれる傾向があります。

若手は給料も安いため、会社としては若い人材を多く送り込んだ方が儲けになるのです。

そのため、40代以降でも客先常駐で働こうと考えるなら、専門を極めてオンリーワンの存在になるか管理職になるという道しかないのが現状です。

ちなみに、他の客先常駐の問題点については
SES(客先常駐型)企業はなぜ嫌われる?メリット・デメリットを徹底解説
で解説しました。

30代はギリギリ:判断すべき基準とは

30代の場合は、客先常駐企業で続けていくか、違う道を考えるかギリギリのところです。しかし現状を変える必要がない場合もあるので、その判断の基準を解説します。

客先常駐を続けてもいいケース

客先常駐をしばらく続けてもいいいケースというのは、今の現場でスキルが上がり今後の転職に活かせる場合だけです。

新卒でIT業界の経験が浅い、未経験からIT企業に転職してきたといったスキルが不足している人には修行の場として割り切って仕事をするのはアリです。

客先常駐企業がいくらイヤだと言っても、IT業界で人気のある自社サービス開発や社内SEはある程度の技術や経験がないと採用されるのは難しいです。

転職はスキルアップできるかどうか

「客先常駐企業にいるけど、まだIT業界(職種)の経験が浅い」という人は、ある程度の技術、経験を積んでから社内SEや自社サービス開発企業などに転職したほうがスムーズです。

ただし、今の環境でスキルが積める場合の話です。

現状では製品テストや雑用的な仕事ばかりで今後も変わりそうにないなら、転職した方がいいです。

いろいろなプログラミング言語で開発ができて経験を積めていると感じていても、将来的にプロジェクトリーダーやマネージャになれそうもないなら、今後良い条件での転職はできません。

ある程度の技術をつけることは必要ですが、特に日本では自分を高く売るには技術力とは別の能力が求められます。

35歳までにどのようなスキルをつけておけばいいかは以下の記事を参考にしてください。

将来性がある4つの道

客先常駐SEのデメリットや35歳定年説を考えると、やはり将来が不安ですよね。将来のことを考えると、今の会社にずっといることがずっとリスクだということを知ってください。

今の会社で将来へのキャリアパスが見えていないならば、まだ間に合ううちに今後のキャリアを考えるべきです。

同じ職種で会社を変える

一番現実的なのが、今の仕事と同じ仕事で転職をすることです。

現在の仕事の知識や経験をアピールすることで、年収を下げずにスムーズに転職することができます。

もちろん、同じような客先常駐を行っている会社に転職せずに、社内SEや自社サービス開発を目指してください。

社内SEは競争も激しく難しいというのは確かですが、運やタイミングも重要なのであきらめずに今からコツコツと転職の準備をしておくことです。

客先常駐を脱出したい!SE転職で人売り型IT企業を見分ける方法まとめ

同じ業界で職種を変える

今の職種で限界を感じているなら、次のステップに進むために新たな職種にチャレンジすることで将来を安定させることができます。

サポートやテスターといった技術力が上がらない仕事は年数を重ねても業界の評価が低く給与が上がりません。

プログラマならSEやPMになれる会社へ転職するなど、ワンランクでも上の職種で働けるようにするといいです。

年収が高ければランクが上とは一概にいえませんが、年収が高い=需要が高い ともいえるのでとりあえず年収をベースに考えておくと間違いはないでしょう。

以下の経済産業省の調査による職種別の年収です。これを参考にして目指すべき職種の参考になります。
経産省 IT業界 職種別の年収平均とスキル標準レベル

違う業界への転職

そもそもIT業界に向いていないために将来が不安という場合には別の業界に転職してがんばるしかありません。

ただし、今の業種、業界から完全に離れてしまうと1から仕事を覚えなければならないため、別業界への転職はかなりのマイナスを覚悟しなければなりません。

業界は離れても、できるだけエンジニアとして培った経験を使えるような職種にすると年収を下げずに転職することができます。

フリーランスになる

将来リストラや働けなることを回避すると考えるとフリーのエンジニアで独立するという選択肢もあります。

会社に属さないので、安定はありませんがしっかりと自分なりのルートをつくることで安定を作ることも可能です。

また頑張っただけお金をもらえるので、営業力や技術力に自信がある人は一度考えてみてもいいかもしれません。

フリーランスエンジニアとして働くための本当に必要なスキル3つ

まとめ

客先常駐SEは、未経験の時や経験が浅く優良企業に転職できそうもないという場合にスキルアップのために入社するのはアリです。

しかし、将来的にリストラや会社の業績不振の心配もあるのでタイミングを見て転職する方がいいでしょう。

別業種での社内SEがもっとも年収や将来性がいいのでおススメです。その他、同じ業界でスキルアップを目指すという方向でもいいかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事