【プログラマに向いてない】きつい辞めたいと思った時にどうすべきか
START UP AND DEVELOPMENT CONCEPT

プログラマは、向き不向きが大きい職業です。

「自分はプログラマに向いていないんじゃないか」と思い始めると仕事が本当に苦痛ですよね。

ではプログラマができない、きついから向いてないと思った時にはどうすればいいのでしょうか?

この記事では、プログラマに向いてない人の特徴と今後どうすればいいのかについて解説します。

プログラミングに向いてなくともプログラマはできる

正直にいうとプログラミングに向いていないとしても本人のやる気次第でプログラマとしては働けます

なぜなら、プログラマに限らず本当にその職業の適性があって働いている人ばかりではないからです。

しかし、プログラマは技術職であり、ある程度は特殊な職業なので適正がないとそれなりに苦労することは確かです。

プログラミングのやる気を出す方法
やる気がないプログラマが今すぐモチベーションを上げる3つの方法

プログラマに向いてない人の5つの特徴

プログラマに向いていない人にプログラミングを頑張れと言ってもやはり難しいと思います。
以下は、私が今まで多くのプログラマと接してきて、気づいたプログラマに向いていない人の特徴です。

ITやプログラミングが嫌い

プログラミングが得意になる人は、やはりIT技術、プログラミングが好きな人です。そういう人って、仕事以外でも自分でアプリを作ったり、ブログを書いたり、技術書を読んだりしているので、圧倒的にプログラミングに触れる機会が多いんです。

どんな職業でもそうですが、結局多くの知識を入れた人が伸びるんです。

好き → 長く触れる → できるようになる → さらに楽しくなる

という好循環が生まれます。

逆にプログラミングが嫌いだと、触れる機会が少なくなり嫌いがさらに強くなってしまいます。

黙々と作業することが苦手

プログラミングが苦手という人の中には、プログラミングというよりは机で黙々と作業するのが苦手という人がいます。

プログラマは、プログラムを書くことだけが仕事ではありませんが、プログラミングの他、資料作成やバグ対応、調査などパソコンを使って黙々と作業することはやはり多いです。

そういった作業が苦痛に感じるなら、プログラマには向いていません。

技術に対する好奇心がない

プログラミングが好きとまでは行かなくとも、「この技術はどういう仕組みなのか」「新しい技術を触ってみたい」というIT技術に関する好奇心がまるでないと続けていくのは厳しいと思います。

結局、言われてイヤイヤやるのと自分で興味をもって調べたり、試行錯誤するのでは記憶に定着する確率もかなり違ってきます。

プログラミングで達成感を感じない

私がプログラミングで面白い、楽しいと感じるのは、一連の処理が完了したときです。やる気、モチベーションを維持するためには、小さな達成感を得ることが非常に重要なので、細かく達成感を得られないと楽しいと思えません。

プログラミングが楽しいと思えないということは、やはり向いていないということになってしまいます。

物事を試行錯誤することが苦手

できるプログラマは、単に言われたことを言われたようにやるだけではありません。

今のシステムをよりよくすることを考えたり、効率よくできるツールを導入したりと試行錯誤することが得意です。

プログラマを仕事として行う場合、仕事がうまくまわるような提案は非常に好まれます。プログラマに向いていない人は、自分で物事を考えずに与えられた仕事をやるだけなので成長できません。

プログラマを辞めるか続けるか

最初にも述べましたが、プログラマに向いていないからといってプログラマとしてやっていけないわけではありません。

明らかに「この人プログラマに向いてないなぁ」という人でも、プログラマを頑張って、SE、PMとキャリアアップしている人も知っています。

では、プログラマに向いていない人は、どういう状況なら辞めるべきか続けるべきなんでしょうか。

プログラミングが「好き」が一番重要

プログラマで大切なのはプログラムを組むことが好きな人です。

もちろん適正があってプログラムを書くことが好きなら最高です。適正があまりないとしても、好きなら勉強もできる、向上心もあるので、適正があってやる気のない人よりも伸びる可能性は格段に高いのです。

プログラマを辞めるべきか迷ったときの判断基準

プログラマが向いていないとしても、すぐに「会社を辞めたい」という判断を下すのはちょっと待ってください。

本当にプログラマ、SEとしてやっていけないのか、今の職場でもう少しがんばった方がいいのかを冷静に見極めた上で判断するのがいいでしょう。

以下のような場合は、確実に辞めていいケースです。やる気と健康は仕事を続ける上で最も重要なことです。

なんだかやる気が出ないという場合は、やる気を出すための方法を試してみてください。以下の記事で解説しています。

IT業界が嫌いな人は辞めてもいい

プログラムが嫌いで、IT業界も合わないと思っているなら辞めてもいいと思います。

合わない業界は本当に合わないので、今はなんとか我慢していても徐々に「辞めたい」という気持ちが出てきます。

体調に異変をきたしている

プログラマが合わない上に人間関係や残業過多で体調に異変をきたすならすぐに辞めた方がいいです。

体調を崩すと仕事自体ができません。

健康であるなら、たとえ辞めて別な業界に行ってもなんとか働けます。

やはり健康が第一です。給与やスキルなどの問題は健康があっての話です。

向いてない...けどプログラマとしてやっていくには

プログラマに向いていないからといって、スグに転職といわれてもなかなか踏ん切りがつかないこともありますよね。

転職を急がずとも、まずは今の会社でできることをやった方がいいでしょう。

スキル不足を補うにはとにかく勉強しかない

プログラマに向いていないから、能力が低い、仕事が遅いという人はとにかく勉強をするしかありません。

よほど高度なプログラムでもなければ、日本で行うシステム開発程度ではセンスを要求されるプログラムを書くことはあまりありません。

実際にネットからのコピペだけで生き残っているプログラマも多いです。

仕事ができるようになるためのノウハウについては、仕事のできないSEの原因は?誰にでもできる改善方法でも解説しています。

別の業種へ異動できないか相談する

プログラムの勉強すらイヤな場合は、能力の向上は期待できないので別の職種に異動できないか会社に相談してみるのもいいかもしれません。

テスター、SE、技術営業といったプログラムができなくともつける業種はあります。

会社の人員計画があるので、簡単にはいきませんが相談するだけしておくのはいいと思います。

プログラマを辞めるならどこに転職すべきか

どうしてもプログラマに向いていない、辞めたい気持ちが強いなら異業種に転職するのもしかたありません。

そういった場合は、すぐにでも転職活動を始めた方がいいでしょう。

プログラマに向いていない人が転職をするなら以下のような職が考えられます。

IT業界以外の社内SE

転職はやはり、前職の経験を活かす方向が採用されやすく、年収をキープするコツです。社内SEでも、特にIT業界以外の社内SEなら、プログラムを書かされるということも少ない(ないかどうかはその会社次第)ですし、毎日机にかじりついているということも少ないです。

ただ、社内SEは人気がある業種なので上手に転職活動をしないと希望の会社に入れないということはありそうです。

IT業界の営業職

机でコツコツ作業すること自体が向いていないと感じているなら、IT業界の営業職でいままでの知識を活かすこともできます。

よく「営業から技術は難しいけど、技術から営業は比較的簡単」といわれます。プログラマとして培った知識や経験は、営業職でもかなり生かされます。プログラマから営業に職種を変えて成功したという人も何人か知っているのでトライしてみるのもいいと思います。

人材紹介会社のコンサルタント

転職エージェントのキャリアコンサルタントには、IT業界出身の人が結構います。IT系に特化した転職エージェントで元SE、元プログラマというのは業界の内部事情を知っているということで重宝されやすいです。

うまく経験を活かすアピールをすることで、年収を落とさず転職することも可能でしょう。

プログラミングスクールの講師

最新技術の勉強は必要ですが、ある程度プログラミングができれば、プログラミングスクールの講師という選択肢もあります。

プログラムを見るのもイヤというわけでなければ、初心者向けなのでそこまで難しいことはやりません。ただ、根本的な仕組みのような基本的なことはしっかりと勉強していないと質問に答えれないということもあるので、意外な難しさはあります。

プログラマを辞める前に考えておくこと

プログラマがきつくて辞めたい、すぐ転職したい!と何も考えずに行動すると結局同じことの繰り返しということにもなりかねません。

プログラマに向いていないのはなぜなのか?転職したら今度は頑張れるのかを先に考えておくと、次に成功できる可能性は高くなります。

なぜ向いていないと思うのか

なぜプログラマに向ていないと思いますか?

周りよりも仕事が遅いから?
上司に怒られるから?
プログラムが楽しくないから?
残業ばかりでつらいから....

自分の中でくすぶっている「プログラマに向いていない理由」をしっかり考えてください。

プログラムに関係なく単に仕事ができないだけ
上司や周りとの人間関係が悪いだけ
その会社がブラックで仕事しにくいだけ

というように、プログラマに向いていないのではなく、なんらかの理由で仕事が停滞しているだけかもしれません。

向いていないといえるのは、本当にプログラムを書くのが苦痛、IT業界の仕組みが耐えられないといったときです。

プログラマを辞めて向いている仕事ができるか

プログラマに向いていないから別の職業に...と考えたときに、自分が本当に向いている職業がわかっているなら苦労はありません。

その業界に転職して1から頑張ればいいだけです。

でも多くの場合、本当に自分に向いている職業が何なのかわかりません。

異業種転職は、キャリアが0にリセットされるのでとても厳しいです。

そのハンデを乗り越えても、新しい業界で頑張れるかよく考える必要があります。

プログラマがイヤなのかIT業界がイヤなのか

IT業界がイヤなのか、プログラマがイヤなのかで転職の方法と成否は大きく違ってきます。

IT業界ではなく単にプログラマがイヤなだけなら、SEやコンサルタント、デザイナーなど転職で別の職種を希望することもできます。

業種は初めてでも、業界を知っているだけでも、経験者とみなされるので異業種転職よりもスムーズに転職できるはずです。

スポンサーリンク
おすすめの記事