未経験でもITエンジニア転職を成功させるには【おすすめ転職エージェント】

ITエンジニアが転職するときには、

IT業界にに強い転職サイトか転職エージェントを使うのが一般的です。

転職エージェントは無料で利用できてメリットも多いので、ITエンジニア未経験者でも活用したほうが転職活動がうまくいきやすいです。

ただ、未経験者だと転職エージェントの利用は少し心配になりますよね。

案件の紹介を断られるかも...
ブラック企業を紹介されるかも...
行きたくない企業の面接も受けさせられる


転職エージェントは経験者しか相手にしてくれないというイメージがありますが、未経験でも求職者の条件次第では案件を紹介してくれます。

そこで、この記事では、

未経験でも転職エージェントのサービスを受けられるか
未経験ならどの転職エージェントがおすすめか

について紹介します。

この記事で分かること
未経験者でもITエンジニア転職が可能な理由がわかる
未経験者がやりがちな転職活動の失敗例がわかる
未経験者にとって最適な転職エージェントがわかる

未経験から転職エージェントを利用する場合の注意点に関しては以下をご覧ください。

IT未経験者におすすめの転職エージェント

最初に結論からいいますと未経験からITエンジニアに転職するのにおすすめの転職エージェントは以下の3社です。

ワークポート
リクルートエージェント
マイナビエージェント

なぜこの3社が他よりもいいのかはITエンジニア未経験者の転職エージェントの選び方で解説していますが、簡単にいうと

未経験OKの案件数が多い
未経験者でも丁寧にサポートしてくれる

のどちらかがあるということです。

ワークポート

IT業界未経験者でも断らずに親身に転職相談にのってくれる転職エージェントとして有名です。

ITエンジニア専門の転職エージェントとしてスタートしているので、IT業界へのノウハウや案件は豊富。

ネットではワークポートの評判があまりよくありませんが、ワークポートは条件に半分でも合えば応募をどんどんしていくという方針が合わない人には良くない評価となっているようです。

IT業界未経験だと積極的に応募する必要があるので、そういう意味でも登録して一度は話しを聞いておいた方がいいと思います。

リクルートエージェント

業界NO1の大手なので求人数が圧倒的です。未経験の案件も多いので、とりあえずでも登録しておいたほうがいい転職エージェントです。

大手で常に多くの求職者を抱えているので、条件(年齢、経歴)が悪かったり、そのときに登録している求職者が多いと断られることもあります。

リクルートエージェントの担当者の質は、優秀な人も多いですがやはり相性や当たりハズレがあるので見極めは必要です。

マイナビエージェント

20代であれば、かなり評価が高いのがマイナビエージェントです。

ITエンジニア求人の数に対する未経験OKの求人割合が一番高いため、案件の総数はリクルートやDODAにはかないませんが、ITエンジニア未経験者の求人数ではひけをとりません。

若い担当者が多いので、30代以降だと少し物足りなさも感じますが、親身な対応とサポートの熱意に定評があるのでサポート力を期待する人にはおすすめです。

未経験でもIT転職が可能な理由

未経験でITエンジニアに転職できるだろうか...?

はじめての転職活動に不安になる人も多いと思いますが、IT業界では常に多くの人材募集があります。

その理由は、人手不足と転職しやすい業界構造からきているのです。

IT業界の人手不足

生活の多くがネットと関わるようになって、ITはますます需要が大きくなっています。そのため、

IT業界は慢性的に人手不足なんです。

スキルが高くて優秀な人は大手の社内SE、自社開発などの人気職種に集中するので中小企業や、知名度のない会社は仕事は多くとも人手が足りない状態です。

ITエンジニアの人手不足の詳細については以下の記事でも紹介しています。
IT業界は2030年までに80万人不足!売り手市場で未経験者が転職するには

業界的にスキルアップ転職する人が多い

ITエンジニアは実務経験を積んでスキルアップすると転職して年収を上げるという人が多いです。

そのため、優良な会社でもどうしても一定数の欠員補助がでます。よほど定着率のよい会社でもない限り社員の募集は避けられません。

ある程度の実務経験を経た優秀なエンジニアは人気の企業に転職したり、総合力の必要な社内SEを目指すことも多いので抜けた穴を未経験者で埋める会社は多いです。

未経験を教育して育てようとする企業が増えている

増える仕事と慢性的な人手不足、転職が多い業界ということでなかなか採れない即戦力よりも、自社で未経験を育成しようと考える企業が増えています。

そういう理由から未経験でもITエンジニアとして転職できる可能性は高くなっています。

ITエンジニアは大変、きついとはよくいわれますが、

・スキルがつけばもっといい会社に転職できる
・手に職がついてフリーになって高収入が期待できる
・定年後もスキルを活かした仕事ができる

とよいことも多くあります。

実際に多くのエンジニアがIT業界で働いていて、仕事が楽しいという人も大勢います。

未経験者でも転職しやすい土壌は整っているので、ITエンジニアに興味をもったなら早めに行動した方がいいでしょう。

未経験者が失敗しがちな転職活動のやり方

IT業界への転職活動でやりがちな失敗は、誰にもアドバイスを聞かずに突っ走ってしまうことです。

未経験者は業界のことを何も知らない段階なので、自分の市場価値や業界の動向など客観的にアドバイスをもらった方が成功確率は確実に上がります。

失敗その1:準備をせずにとりあえず転職活動を始める

いくらITエンジニアが不足しているといっても、誰でもいいというわけではありません。未経験者ならなおさら厳しいです。

しっかりと前職の経験で活かせるところ、自分のアピールできる長所、なぜITエンジニアになりたいかをしっかり事前にまとめて対策をしていないと応募しても書類選考さえ通りません。

転職活動前にプログラミングの勉強をしておくのもアピールになります。バリバリできるようになるというよりは、意欲があるのか?この先もやっていけるのか?という姿勢を見せるのに重要なことです。

失敗その2:転職サイトから自分で勝手に応募する

転職サイトから自分でよさそうな企業を探して応募するのは、誰もがやることですが未経験の場合、どこに応募したらいいのかという判断基準が難しいのです。

未経験可と記載してあっても、実は広く集めるために書いてあるだけで実際には経験者しか採用していないという会社や、社員を使い捨てにするブラック企業に入ってしまうかもしれません。

ブラック企業の見分け方については、SEはブラックな職業か?未経験でもブラック企業を正しく見分ける方法でも解説してます。

失敗その3:不合格時に振り返らず次の面接にのぞむ

未経験での転職活動は、簡単に内定が出ないので面接でダメだった場合、失敗の原因を見直さないといけません。

転職は会社との相性があるので、ある程度は数多く応募しなくてはなりません。しかし、振り返りをせずに次々に応募しているだけでは、なかなか採用にいたらないことも事実です。

IT業界に転職しようと思ったら即行動すべき

どの業界でも同じですが、企業は若い人材を好みます。

給与が抑えられる
長く働いてもらえる
素直で吸収が早い

といった理由からです。

IT業界でも当然若い方が採用される可能性も高くなります。

ITエンジニアに転職したいと考えたなら、1日でも早く行動した方があなたを高く売ることができます。

「未経験だから不安」と、思い悩んでいる時間があるなら準備をして転職エージェントのアドバイスを聞くだけでも一歩前進です。

アドバイスを聞いて、それでも転職は難しそうだと思ったら、そこで活動をやめればいいだけです。

自分の中で思い悩んでいるだけというのは、時間ばかり過ぎてあまり意味がありません。

ITエンジニア未経験者の転職エージェントの選び方

未経験で転職エージェントを使う場合は、未経験可の案件を多くもつ転職エージェントが最適です。

未経験可の案件が少ないと、結局紹介できないのでお断りされることになります。

また、案件だけをたくさん紹介されてもどこがいいのか判断が難しいと思います。そのため案件数はそこそこでも丁寧にサポートしくれる転職エージェントも利用したいところです。

未経験可の案件を多く持つ
未経験でも丁寧にサポートしてくれる

この2条件の両方に当てはまる転職エージェントはありません。

そのため、「未経験可の案件を多く持つ」「未経験者にも丁寧にサポートしてくれる」転職エージェントを併用することでカバーできます。

転職エージェントの複数利用は全く問題ありません。

1つの転職エージェントだけだと、その転職エージェントがいいのか悪いのか判断ができないため複数利用した方がいいのです。

未経験者におすすめの転職エージェント

上記を踏まえて案件の多い転職エージェント、サポートが丁寧な転職エージェントを1つづつ選んで登録するといいでしょう。

未経験OKの案件の多い転職エージェント

リクルートエージェント
DODA
マイナビエージェント

案件が多いのはやはり圧倒的にリクルートエージェントです。

案件数が多いとそれだけ紹介できる案件の数も多くなるので、リクルートかDODAのどちらか1社はおさえておきたいです。

未経験者にも丁寧な中堅転職エージェント

ワークポート
@type
レバテックキャリア

未経験者でも丁寧にサポートしてくれると評判の転職エージェントは、上記の3社です。

案件の多さは大事ですが、業界の常識的なこと自分の市場価値を客観的にアドバイスしてくれる存在は貴重です。

ここで注意したいのが、各転職エージェントには案件を紹介するかどうかの基準があります。

年齢や職歴などで案件を紹介できないといわれることもありますが、すべての転職エージェントが同じ条件ではないので断られたら気にせずサポートしてくれる別の転職エージェントを探せばいいのです。

年齢別のおすすめの転職エージェント

未経験で初めに登録した方がいい転職エージェントは、上記の未経験者におすすめの転職エージェントで紹介したとおりですが、年齢によっては以下の組み合わせがいいでしょう。

~20代

マイナビエージェント
レバテックキャリア

20代の満足度が高いマイナビエージェント、IT系専門でできるならサポートしてほしいレバテックキャリアが候補です。 レバテックキャリアは経験値の高い転職がメインですが、28歳ぐらいまでなら未経験者でもサポートしてくれます。

~30代

リクルートエージェント
ワークポート

30代未経験になると案件が大きく減ってしまうので、とにかく案件の多いリクルートエージェント、規模は大きくないが未経験者を断らずに丁寧にサポートするというワークポートが候補になります。

40代以上

プログラミングスクール経由

40代以上から未経験でITエンジニアというのは不可能ではありませんが、かなり厳しい転職活動になるでしょう。転職エージェントでも紹介できる案件が少ないので断られることも多いです。プログラミングスクール経由か自己応募でトライするしかないでしょう。

まとめ

未経験者は転職エージェントの利用に戸惑ってしまいがちですが、業界の情報があまりない未経験者こそ転職エージェントを活用して転職活動した方が採用率が格段に高まります。

特に未経験者の転職活動は、誰にも頼らず自分で活動し続けてしまうとなかなか採用されません。

確かに転職エージェントは商売ということもあって、転職させようとしてくることはあります。しかし、自分の譲れない条件をしっかり持っていれば、アドバイスは参考にしつつも、自分で決断ができます。

要は使い方次第ということです。

とにかく行動あるのみです。転職エージェントをうまく利用して転職を成功させましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事