未経験からプログラマへの効果的な勉強方法【最短3か月で可能】

未経験からプログラマに転職したい場合、ある程度のプログラミングの知識は必須です。

まったく未経験でも採用して教育してくれる会社もあります。

しかし、

プログラミングを何も知りません。
入社してから手取り足取り教えてください。

という人よりも、

経験はありませんが、プログラミングの勉強を自分でしています!今は〇〇までできるようになりました!

という人の方が意欲があって採用されると思いませんか?

プログラマは、1つの言語を習得すれば終わりではありません。新しい技術やツールが次々と現れて、その都度勉強しなければなりません。

プログラマに適正のある人は、自分でガンガン勉強していける人です。

未経験者を積極的に採用する企業は、求職者が入社してから自分で勉強していけるかを判断しています。

プログラミング習得の目的がITエンジニアへの転職ならプログラミング言語を習得しておいした方が圧倒的に有利なのです。

そこで、この記事ではプログラミングの知識0からどうすれば最短でプログラミングを習得できるのか?という方法について紹介します。

効率よく勉強すればITエンジニア未経験の人でも転職に成功する可能性がグーンと高まりますよ!

最短で3か月あればプログラミングは習得はできる

一般的に独学でプログラミングを習得するには約1000時間かかるといわれています。

今サラリーマンとして勤めている場合、1000時間を捻出するには、

1日2.5時間としても約400日...

休みにもう少し頑張れたとしても1年かかることになります。

新たにSE・プログラマとしてがんばろうと思っても1年も勉強するのかと考えたら、モチベーションも保てませんよね。

でも、よく考えてください。

あなたの目的はプログラミングを極めることではなく、ITエンジニアに転職することです。

バリバリにプログラミングができなくともプログラマーとして就職することは可能です。

ある程度の基本とプログラミングの仕組みさえわかれば、あとは現場でスキルを高めていく方が圧倒的に効率がいいのです。

その最低限のプログラミングを習得するには、効率の良い勉強をおおよそ200~300時間(約3か月間)することで十分に可能です。

プログラマになれば、その先のSEやITコンサルを目指して年収を上げることも、フリーになって定年やリストラに怯えないで働くことだってできるようになるんです!

たったの3か月間で人生が変わるなら、本気で頑張ってみるのもいいと思いませんか?

最短でプログラミングを習得するのにベストな方法

3か月でプログラミングを覚えるためにベストな方法は、プログラミングスクールと独学を同時に行うことです。

独学とプログラミングスクールはそれぞれメリットがあります。どちらか一方だけでもダメではありませんが、

併用した方が確実に早く効果も高くなります。

独学のメリット

未経験でプログラマとして転職すると、最初は上司だったり先輩社員だったりがついてくれるはずです。

わからないことは聞けばいいのですが、プロジェクトが始まるとみんな忙しいので自分でできることは自分でやってという雰囲気になります^^;(現場次第ではありますが...まあそんなところが多いです)

なので、プログラムやツールの設定などでわからくて、やり方を調べるというのは初心者を脱出してもずーっとつきまといます。

つまり自分で勉強、調べる、解決するという流れはITエンジニアの仕事の一部なんです。

独学のメリット
自分で調べて解決する能力がつく
自分のペースで進めることができる
場所や時間が自由にできる
投資が最小限で済む

プログラミングスクールのメリット

プログラミングスクールは、無料、有料など種類がいろいろありますが、おすすめはスクールに通って他の受講生と一緒に勉強する通学系のところです。

プログラミングスクールのメリット
プログラミングを体系的に学べる
詰まったときに講師に教えてもらえる
同じ目的の仲間と一緒に勉強できる
モチベーションが上がりやすい
実務に近い経験を積むことができる
転職をサポートしてもらえる

まったくの0から学ぶ人は、1人で勉強しようと思っても最初はなにをやったらいいかわからないですよね。

最近では、オンラインのプログラミング学習サービスもありますが、わからないことがあったときに、なぜそうなるのか?自分のプログラムではなにが悪いのかがわかりません。

特に最初はエラーで詰まってしまうと、何時間も同じ個所で悩むということはよくあります。そうなるとプログラミングが「つまらない」「わからない」とやる気がなくなってしまいます。

最初さえスムーズに進んで「プログラミングは楽しい!」と思えれば、その後は少しぐらい詰まってもなんとか乗り越えられます。

プログラミングスクールの場合は、たとえ詰まってまっても講師に教えてもらえるので、何時間も無駄な時間を過ごすということはありません。

また、プログラミングスクールの大きな特徴として、カリキュラムを終えれば転職をサポートしてもらえるということです。

カウンセリングで自分の希望に合った企業を紹介してもらえるほか、将来的にどういったキャリアアップをすればいいのかなどの相談にものってもらえます。

この転職支援サービスは非常に有益です。

未経験からの転職はスクールの支援なしだとかなり厳しい

未経験からITエンジニアの転職は、正直かなり難しいです。

自分で適切な転職先を選んで、応募、面接をしなければならないのに、成果物や自分のスキルレベルをうまく説明しなければなりません。

面倒でも1つずつ自分でこなしていければ独学→未経験転職も不可能ではありませんが、仕事をしながらの転職準備というのは想像以上に大変です。

実際、転職エージェントでも未経験者に案件を紹介する条件として、プログラミングスクール経験を求めるところもあります。

プログラミングスクールだけだと受け身になってしまう

だったらプログラミングスクールだけでいいんじゃない?

スクールだけだとカリキュラムでの受け身の内容しか身につかないんだよ

プログラミングスクールだけだと、結局カリキュラムだけの勉強になってしまい、自分で積極的に勉強したという自信が付きにくいのです。

ITエンジニアに転職すると、イヤでも自分で勉強することが増えてきます。

そうなってから、

自分で勉強するのは苦痛だ...
この仕事は向いていないかも...

と感じて挫折してしまうと、また別の職種に転職するはめになっていまいます。

自分がプログラマとしてやっていけるかどうか見極めるという意味でも独学でさらに知識を増やした方がいいでしょう。

プログラミングを本気で覚えたいなら投資は必須

本気でプログラミングを習得して転職をしようと考えているなら、投資は絶対に必要です。

例えば書籍を買うにしても、安いからといって、うすっぺらで分かりにくい本を買っても結局は使えなくてお金のムダになってしまいますよね。

これからプログラミングを軸として稼いでいこうと考えているのですから、自分に投資することで将来の収入が何倍も変わってきます。

優良なプログラミングスクールは高価な場合が多いですが、将来のことを思えばしかたのない投資なのです。

あなたは趣味でプログラミングをしようとしているのではなく、職業としてプログラミングを学ぼうとしているのですから。

ダメなプログラミングスクールに入ると時間もお金も無駄になる

独学とプログラミングスクールは、それぞれ一長一短あるので、どちらも行うことで効率よくプログラムを覚えることができます。

しかし、ここで注意してほしいのは、プログラミングスクールどこでも同じではないということです。

特に就職支援をしてくれるプログラミングスクールでは選び方を間違えると失敗してしまう可能性があるので注意しましょう。

注意すべきプログラミングスクール

プログラミングスクールを選ぶときに注意すべき点をお教えします。

無料のプログラミングスクール

授業料のかからない無料のプログラミングスクールというのもあります。

無料でプログラミングが習得できらならお得だと思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。

無料のプログラミングスクールは、就職をサポートする先の企業と提携しているので、その企業にしか就職できなかったり、違う会社に入った場合には違約金をとられることもあります。

そう、あなたが希望している会社には入社できない可能性もあるのです。そのデメリットを理解していて、それでも無料のプログラミングスクールがいいというなら大丈夫です。

転職サポートが得意ではない

プログラミングスクールの中には、転職支援を大きく掲げていても実はサポート力が弱く、実際には転職成功率の低いスクールもあります。

転職支援のサポート内容が、応募企業の詳細をメールで送ってくるだけだったり、スクールが指定する企業の面接対策をチャットで数分だけの場合もあります。

こんな簡単な対策では、ほとんど意味がありません。転職支援のあるプログラミングスクールでは提携外の企業への転職を制限される場合もあるので、むしろ転職の邪魔をされていると感じてしまうかもしれません。

どこのプログラミングスクールがおすすめ?

プログラミングスクールはどこも良さそうだけど…

適当に選んでしまうと大失敗してしまうよ

プログラミングスクール選びは、転職結果を大きく左右するので適当に選んではいけません。

転職支援がしっかりしていて、良心的なプログラミングスクールというのは僕が知る限りでは、WebCampProしかありません。

ネット掲示板やtwitterなんかの口コミでも悪い噂は聞いたことがありません。

プログラミングスクールならDMM WebCamp(旧 WebCampPro)一択

DMM WebCampは、転職成功率98%のプログラミングスクールです。

スクールの口座のの受講の仕方は通学型でスクールは東京の渋谷にあります。

DMM WebCampは転職支援のないWebCampと自宅でも受講できるWebCamp Onlineもありますが、転職を本気で考えるならDMM WebCamp一択です。

>> DMM WebCampの公式サイト

転職サポートが優れている

プログラミングスクールで一番問題になるのが、お茶を濁しただけの転職サポートです。

転職が目的なのに、転職サポートが使えないと意味がありませんよね。

DMM WebCampは、あなたが転職したい条件の企業に入社できるように徹底サポートしてくれます。

・自己分析
・選考準備
・面接対策
・求人紹介

と、あなたの転職条件や希望をしっかり聞いて対応してくれます。

プログラミングスクールによくある、提携先の企業を押し付けてくるような転職サポートはないので安心です。

全額返金保証がある

転職サポートに自信があるから、万が一転職できなかった場合には全額返金できます。

条件としては、

3か月のカリキュラム完了と30歳未満という年齢制限

だけです。

WebCampProの転職成功率が98%なので、全額保証はついているけど利用したという人はほとんどいないはずですが、転職保証がついているというだけで転職のサポートに自信があるとみることができます。

最短でのプログラミングが習得できる環境

WebCampProの教室は11時~22時まで使いたい放題です。

この時間はいつも講師が在籍しているので、自分で学習していて詰まったときに質問することができます。結構長めに解放しているので、現在就業中の人でもやる気があれば会社が終わってから勉強するということも可能です。

プログラミングで挫折する一番の理由は、エラーではまって理由がわからず何時間も同じところで考え込んでしまい嫌になってしまうことです。

でも、ほんとに単純な()の付け忘れとか、変数の間違いとか見る人がみるとすぐにわかることが多いんです。

そんな単純なことで何時間も無駄にするのは時間がもったいないですよね。

質問がすぐに聞けて、だらけずに集中できる環境こそが、効率よく最短でプログラミングを習得するのに最重要なんです。

実務に近いカリキュラムを組める

未経験のエンジニアですごくアピールできるなと思うのが、

チームでの開発経験

個人でプログラム開発をしている人って、他人が見やすいプログラム、後で保守がやりやすいプログラム、一定のルールに従ったプログラムを組んだ経験がないので、それを教える側としては、とても苦労するのです。

DMM WebCampには、実務に近い形式のチーム開発のカリキュラムが組まれています。

これは転職の面接のときにも非常に有効で、実務経験はないがチームでの開発経験があるというだけで一目置かれることは必至です。

完成した成果物は、転職活動でも利用できるので、転職活動で他の未経験者よりかなり有利になるでしょう。

まとめ

未経験からSE、プログラマに転職したいならプログラミングのスキルは必須です。

プログラミングスキルがなくとも採用される企業はあるかもしれませんが、できたほうが圧倒的に有利なことは確かです。

だらだらと長期間勉強するよりは、短期でスパッと覚えてしまう方が効率がいいので、最短で勉強できる方法をとりましょう。

個人差もありますが、>プログラミングスクールと独学を併用すれば最短で3か月ぐらいでプログラミングの基礎を覚えることが可能です。

独学は転職後に一人で調べて進めるというITエンジニアとして重要なことの事前訓練、プログラミングスクールはチームでの開発経験と転職サポートが役に立ちます。

ただし、プログラミングスクールは転職サポートが優れているところでないと、時間とお金を無駄にしてしまうかもしれません。

転職に失敗すると、今後受け取れる年収ばかりか、将来設計まで狂ってしまうので、スクール選びは慎重に適切なところを選ぶようにしてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事