新卒SEだけどもう辞めたい…すぐに転職するか会社に留まるかを判断する方法

新卒SEとして入社したのに、「仕事についていけない」「職場の人間関係がつらい」となると、もう辞めたい...と誰でも考えると思います。

でも、新卒ですぐに辞めてしまうと

転職活動で不利になるのだろうか
辞め癖がついてまたすぐに辞めたいと思うだろうか

と心配になってしまいますよね。

この記事では新卒SEで会社を辞めたい人が、すぐに転職した方がいいのか会社に留まった方がいいのか決める方法について解説します。

今後の方向性の判断基準がわかるので、「早く辞めればよかった...」「転職して失敗したー!」と後悔することがなくなります!

結論:新卒SEが転職したほうがいい状況

新卒SEがすぐに転職をすると、転職市場ではやはり「なんでこんなに早く辞めちゃったんだろう...」と転職先に思われるのは仕方がありません。

そこで、新卒SEが転職してもいいのは、以下の2点がある場合です。

仕事で成長できない
ストレス・激務が耐えられない

これらの理由は面接でうまく伝えれば、マイナスの印象を避けることができます。「自分はこういう仕事で成長したい!」という強い意志を面接でアピールできれば、「仕事がイヤで辞めたこらえ性のないヤツ」という評価をひっくり返せるのです。

仕事で成長できない

SEとしてスキルアップができない職場では将来的に安定できません。

数年後転職しようと思ったときにも、「どのような業務を経験したか」「どのようなスキルを身につけたか」は資格や学歴よりもよっぽど重視されます。

単なるシステムの監視するだけ
古いシステムを決まったルーチンで保守
既存システムの確認のテストばかり

といった自分が成長できないような仕事ばかりだと何年たっても成長しません。

それなら、今のうちに会社を辞めて脱出した方が、一旦はマイナスの評価がついても今後何十年も先を見たときに正解になります。

どうしてもSE・PGの仕事が合わない

新卒でSEとして入社しても、どうしても業務内容が合わないなら成長できないので会社を辞めるのもありです。

SEやプログラマは日々の勉強や論理的思考が必要とされる仕事なので合わないと、知識もスキルも上がらないので続けるのが非常に苦痛だからです。

新卒で入る際には仕事内容について検討はしていると思いますが、入る前の想像と実際の仕事内容や求められる能力にギャップがあるのは仕方がありません。

ストレス・激務が耐えられない

会社からのパワハラ、セクハラ、過酷すぎる激務もはっきり言って辞めていいです。

仕事は、生活を豊かにするためにするもので、体を壊してまでするものではありません。

体調を壊すほどの激務

いくらIT業界が過酷な業界だからといって、体調を崩すぐらいの激務では長く続きません。

しっかりした会社は、仕事量に見合った人員を確保して仕事にあたります。

新人に大きな負担がいくような会社では、年数がたてば責任という名のもとにもっと仕事量が多くなるでしょう。仕事はこの先何十年と続くので、たった数年我慢したいために体調を崩してまで業務を続ける必要はありません。長期的な目でキャリアを見るべきです。

いじめ・罵倒など強いストレスを受ける

度をすぎた嫌がらせや大きな声で罵声を浴びせるなど強いストレスを感じるような悪い環境なら我慢せずに転職すべきです。

どこの会社に行っても人間関係の問題はあるので、ある程度は耐えることも必要ですがパワハラを受け続けると仕事どころではなくなってしまいます。病気になるまで耐える必要はまったくありません。

新卒SEが会社を辞めない方がいい場合

新卒SEが会社をすぐには辞めてはいけないのは、

辛いこともあるが

仕事を通して成長できている

という場合です。

特にSEは今後勉強することが多いため、若いうちにどれぐらい知識や経験を身に付けられるかで、将来の年収やポジションが大きく変わってきます。

仕事をしていると知識や経験が蓄積できていると感じるなら、その会社では学ぶものがなくなるぐらいまで頑張った方がこの先転職するときもスムーズに自分の希望する優良企業に入る可能性が高くなります。

成長はできるけど身体的にキツイ場合

判断が難しいのが成長はできているけど「体力的にキツくて辞めたい」という場合です。

キツイというのは主観的なものなので、判断が難しいのですが「体を壊さない」なら頑張れます。

新卒で入社しているので「仕事がキツイ」の判断基準がわからないと思いますが、正直にいってSEやプログラマはどこでもある程度はキツイです(笑

仕事がキツイと思って別の会社へ転職したみたけど、どこでもキツさは変わらなかった...なんてことはよくあります。今の仕事が業界的にどうなのか?標準なのか異常なのかは、同業界の友人に聞く、転職掲示板で探す、転職エージェントに相談することで外部の情報を集めるしかありません。

入社1年目で辞めると転職で不利になる?

噂では知っていると思いますが、入社して1年未満で辞めてしまう人は次の転職先を探す際に不利になります。
なぜ企業から採用されにくいのかその理由を解説します。

仕事のアピールができない

1年未満の新卒SEが会社を辞めると、今までやってきた仕事が中途半端なため「こういう経験をしました」というアピールができません。仮にアピールしたとしても、業務のスパンを1年、3年と考える企業が多いので、あまり有効ではないのです。

さらに、入社してすぐに業務にかかる人はまれで、最初はマナー研修や業務の基本的なルールを覚えることが多いです。当然、即戦力になれるようなスキルや経験はないので、スキル的には新卒と変わらない扱いになってしまいます。

またすぐ辞めるのでは?と思われる

自分が採用担当になったときのことを考えてみてください。入社してすぐに会社を辞めた人を「うちなら長く働いてくれるはず」と簡単に信じることはできないはずです。

そのため、「なぜ辞めたのか」「もっと頑張れたのではないか」という懐疑的な目で見られることは仕方がありません。

会社は人を1人雇うために多くのコストがかかります。採用してもすぐに辞められると大損害になるので、そんな人を見分けられなかった採用担当者の責任になってしまいます。そのため、長く働いてくれる人を見極めるのに熱心なんです。

新卒SEでも問題なく転職できる理由

新卒SEが1年未満で転職をするのは不利なことはありますが、転職がまったくできないわけではありません。以下が入社1年未満でも問題なく転職ができる理由です。

IT業界は人手不足で未経験者でも採用したい
第二新卒はマナーや基礎的なことを教える必要がない

私も採用担当をしていて感じたのは、思っているような人がなかなか採用できないということです。

求職者が多ければ企業側も選ぶことができますが、そもそもの人数が少なければその中から選ぶしかありません。当然、1年未満だろうが転職回数が多かろうが優秀で一緒に仕事ができると思えれば間違いなく採用します。

また、企業によっては新卒は社会人としてのマナーや心掛けを教育するのが大変なので、第二新卒の方がいいというところもあります。

以前ある企業に聞いたときは、新卒ですぐ辞めた人の方が一度企業選びで失敗している分、次こそはと頑張ってくれる人が多いといっていました。

新卒でも企業が採用したい!と思える人になるには

辞める正当な理由を整理しておく

SEが転職する際に、経験や実績が評価の対象になりますが入社3年以内の人だと新卒の選考と同じように、本人の資質、やる気、決意といった技術力以外の部分も重要になります。

なぜ新卒から早く辞めるのか
今後どのような仕事をしていきたいのか

というのは、どこの会社でも聞かれるのでしっかりした理由を整理しておいてください。

参考:面接で退職理由を聞かれたら?|面接官が納得する転職理由の伝え方(回答例あり)

転職するなら第2新卒に強い専門家に相談する

初めての転職だと、なにから始めていいのか?どういった企業を選んだらいいのかわからないことばかりです。

新卒での会社選びと違い、転職する際には転職エージェントという、あなたの転職をサポートしてくれる味方をつけることができます。

転職の相談、転職先の紹介、面接対策など採用されるためのノウハウが得られる上に転職エージェントの利用は完全に無料なので使わない手はありません。

初めての転職でおすすめの転職エージェントはレバテックキャリアです。

レバテックキャリアは、そもそも転職が必要なのか? どういった企業なら将来的にスキルアップできるか?など相談にのってくれます。転職エージェントにありがちな内定後の強引な推しもないので安心できます。

【2019年版】レバテックキャリアの特徴は?評判や口コミを解説

まとめ

新卒SE会社を辞めたいと思ったときの判断するポイントは、技術力でも経験でも人間関係でもなんでもいいので「仕事を通じて成長できるか」「体を壊すほどのストレス・激務ではないか」という2点で判断してください。

成長できることがなにもないと感じているなら、たとえ入社1年以内だとしても転職してしまっていいでしょう。

新卒入社1年以内では転職に不利なのはしかたがありませんが、転職する十分な理由を準備し、やる気を見せることでもっと良い企業の採用を勝ち取ることは十分に可能です。

スポンサーリンク
おすすめの記事