未経験から社内SEを目指す人への注意点【必ずしも楽ではない?】

一般的にSEというと、

仕事がキツい
残業が多い
ブラック

というイメージがありますよね。

しかし、SEの中でも社内SEは「仕事が楽」、「残業が少ない」、「転職するなら社内SEがいい」といわれることが多いです。

確かに社内SEは楽な部分もありますし、定時で帰れることも多いのですが、社内SEには社内SEの難しさや問題点もあるんです。

社内SEの問題点ってなんだろう?

単に楽だから、早く帰れそうだからという理由で社内SEを目指してしまうと将来的に後悔してしまうかもしれません。

そこで、この記事では未経験から社内SEへの転職を考えている人に、社内SEの良い点、悪い点、どうしたら未経験から社内SEに転職しやすいのか、その方法について解説します。

記事を読めば、社内SEの仕事内容とその注意点、どうやったら社内SEになることができるのかがわかりますよ!

会社によって異なる社内SEの仕事

結論からいうと、確かに社内SEは客先常駐や自社開発SEより楽な部分はあります。

・納期が厳しくないので残業をしなくてもいい
・自社が対象なのでバグや問題があっても大きな問題にはならない
・客先ではなく社内での作業なので気が楽
・日々の休憩、有給など比較的自由にとれる

といったところです。確かに楽そうには見えますよね^^;

でも、社内SEの業務は会社によって違うのですべての人がこうではありません。

社内SEの仕事は、ITに疎い社員にパソコンの設定を教えたり、ネットワークの整備をしたり、はたまた自社開発企業と同じように開発業務をバリバリやったりといろいろなんです。

社内SEの業務の種類を大きく分けると

情報システム部
社内ヘルプデスク
自社システム開発
ネットワーク設計・構築・運用

これらの業務の複合型ということもあります。

特に中小企業だと、ITに関わるものはすべて1人で担当というのも珍しくないので、どのような業務を担当するかは調べておかないと、入社してから

こんなはずじゃなかった...

ということにもなりかねません。

ITベンチャーでの社内SEの経験談

僕が社内SEをしていたのは、ソフトを開発していたITベンチャーですが、

社内ツールをWebで開発
社内ネットワークの構築・管理
ソフトウェアの管理、グループウェアの管理
パソコンの調達、セットアップ

なんかもやってました。

社内のパソコン関連の何でも屋ですよね。

もっと大きな会社になると、業務範囲がきちんと区切られていることもあります。

でもたいていは毎日別の雑務が舞い込んでくるのです。

社内SEの良い点、悪い点

社内SEには残業が少ない、社員からの反応があるのでやりがいがあるといった反面、業務を評価されにくかったり、スキルが上がりにくいということもあります。

社内SEの良い点だけではなく、実際に業務を行っている社内SEの不満に思っている点についても知っといた方が、期待しすぎて転職後にがっかりするといったことがなくなります。

社内SEの良い点

社内SEは、基本的には一つのシステムに長く携わるので、腰を落ち着けた開発をすることができます。

SEにありがちな納期がシビアで残業・休出がひどいということもありませんので、仕事と家庭を両立しやすいです。

自社の情報システムを開発、運用できる
経営的な視点、会社の戦略に携われる
さまざまな部署の人と交流が持てる
納期が自分たちで決められるので残業が少ない
一つのシステムに集中できる
ITに関しては経営陣よりも立場が上になる

社内SEの悪い点

社内SEには当然、悪い点もあります。会社によって社内SEの仕事内容も違うので全ての人には当てはまらないかもしれませんが、こういう問題もあると知っておくといいでしょう。

直接利益に関わらないので評価されない
PCの何でも屋として雑事をやらされる
技術的に頼れる人が社内にいない
雑多な仕事が多く、一つの仕事に集中して取り組めない
スキルが上がらず、次の転職に不利になる

特に問題になるのがスキルが上がらず次の転職で不利になるというところです。

社内SEはスキルが上がらず次の転職で困る

社内SEは、スキルアップ、キャリアアップをしにくい職種です。

それは、新しい技術を積極的に取り入れていく理由があまりないためです。

SES(客先常駐型SE)だと、依頼があった場合最新の技術を検討して最適な方法でシステムを構築する提案をします。

システム構築が終われば、次の案件でまた提案をするというサイクルになります。そのため、常に最新の技術を使ってシステムを構築することになります。

社内のシステムは、次々と新しいシステムをつくるということはあまりないので、一度作れば同じ言語、同じ環境でメンテナンスを重ねることになるでしょう。

新しいシステムに関わることができれば、まだいいのですが古い社内システムをそのまま使い続けていて、その保守だけをやらされ開発業務はなにもできないことだってあります。

その企業でずっと働くというなら、スキルアップできなくともいいかもしれませんが、人生なにがあるかわかりません。

会社が倒産する
リストラされる
定年後も働く

なんてこともあるかもしれません。そうなったときに、

頼れるのは、自分の経験、スキルだけ

将来の安定は自分のスキルを磨くことでつくられます。

社内SEでは自分の成長の機会を自分で積極的に作り出さないといけないことは知っておいてください。

未経験から社内SEで気を付けておくこと

社内SEの良い点、悪い点については理解できたと思いますが、その他にも社内SEとして働いた後に気を付けておきたいことがあります。

社内SEは本来のSEとは違う

社内SEは、PC全般の知識(ITスキル)やコミュニケーション能力、仕事の段取り力という、いわばITに関する総合力を求められることが多いです。

SEを目指してプログラミングスクールや職業訓練校に入った人が社内SEになると、企業によっては今まで勉強してきた知識をまったく使わないといったこともあります。

社内SEと本来の意味のSEとは仕事内容が大きく異なる場合が多いのです。

従来のSEの仕事をする企業もありますが、ほかにも細かい仕事がたくさんあります。

それを知っていて社内SEを目指すのは構わないのですが、プログラミング技術やシステム設計は行わないこともあるということは覚えておいてください。

社内SEが楽かどうかは前職との比較で決まる

社内SEは楽というのも注意したいところです。

仕事が楽というのは主観的なものであり、誰かが楽であっても、あなたにとっては楽ではない、むしろキツイということもあります。

特に未経験から転職してきた場合、比べる対象がないので他のSEの仕事よりも楽がどうかわかりません。

一般的に社内SEが楽というのは客先常駐や自社開発でのきつい納期やプレッシャーに対して楽といわれているのです。

社内SEは楽といっても転職前に期待しすぎない方がいいかもしれません。

社内SEの人数は転職する際の大きなチェックポイント

社内で働いているSEの人数は転職する際に気にしておきたいポイントです。

あまりITに力を入れていない企業の場合、あなたが一人で社内SEにされることもあります。

一人きりだと、結構自由にやれるんですが、

社内のサーバーの管理
パソコンの設定、問題解決
ネットワークのメンテナス
システムの不具合の調査・修正
ベンダーへの連絡

といったパソコンに関わるすべてが仕事になります。

技術的なことを教えてもらう人もいないので、自分で勉強するしありません。

じゃあ二人以上ならいいかというと、今度は人間関係の問題がでてきます。

社内SEは入れ替えや新しい人をとることが少ないため、人間関係に問題がでるとなかなか解決できません。

社内SEの転職活動前に知っておくべき知識

社内SEと一般的なSEは、業務内容も異なるため企業が求めていることも違ってきます。

各転職サイトの未経験可の求人数

転職エージェントを利用すると未公開求人も追加されるので、単純に転職サイトに掲載されている数で比較はできませんが、未経験可の求人が多い転職サイトがどこかわかります。

2018年11月8日の調査結果

社内SE求人数未経験者可未経験可割合
リクナビ2043818.6%
DODA1812191%
@type791519.0%
マイナビIT13461219.0%
パソナ14251027.2%
Green3676116.6%
社内SE転職ナビ684131.9%
エン転職654569.2%

比率だけでみると、エン転職が未経験可の求人を多くもっていますが、社内SEの案件を多くもっているのはパソナマイナビxITです。

未経験で社内SEになるのは年齢が重要

どの転職でも同じですが、未経験から特定の職種を希望する場合、年齢が若ければ若いほど有利です。

年齢が若いと以下のような点で採用されやすいです。

年収が安く雇用できる
育成してから働いてもらえる期間が長い
年齢が高いと周りとバランスがとれない

特に社内SEは人気があって応募者も多いので、未経験の候補者が複数いると選ばれるのは若い方という場合が多いです。

業界未経験可のワナ

未経験可の社内SEの求人は多いですが、気を付けたいのが未経験の範囲です。

未経験可が業界未経験だけ(要職種経験)という意味だと、プログラマ、ネットワーク技術者といったITエンジニアの経験は必要だけど、社内SEは初めてという人材を募集していることになります。

このケースの場合、ITエンジニアの経験を求めているので完全に未経験だと書類で断られてしまします。

こうなると求人票を見ても、普通はわからないです。

中には未経験可と書いてはあるが、応募を広くしたいというだけで経験者を求めている企業もあります。

未経験OKについて採用担当者はどう思っているのか?詳細を知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

転職サイト中心の活動は無駄が多い

求人票だけをみても、タテマエだけ未経験可なのか本当に未経験者でも採用されるのかわかりません。

つまり、転職サイトから自分で応募するのは、かなり効率が悪いんです。

未経験で社内SEを希望するなら、実際に未経験で募集をしている企業を転職エージェントに教えてもらうのが一番効率がいいです。

また、あなたの履歴から社内SEとして活躍できるかどうかも客観的な意見を聞くことができます。

自分だけだと、無駄な転職活動をしがちですが、アドバイザーを入れることで効率的に転職活動をすることができます。

未経験でも登録可能な転職エージェント

転職エージェントは、一定のスキルがある人が転職するときの代理人という意味合いがあったので、未経験だと案件を紹介してもらえないといったこともあります。

しかし、IT系だと人手不足ということもあり、未経験でも転職をサポートしてくれる転職エージェントもあります。

未経験でも転職活動を積極的にサポートしてくれるところは、ワークポートマイナビエージェントxITパソナキャリアの3社です。

リクナビやDODAなどの大手は、あなたの経歴次第では紹介してもらえない可能性もありますが、業界大手なので登録しておいて損はないでしょう。

未経験からの転職エージェントの利用の注意点とおすすめについては以下の記事でも解説していますので参考にしてください。

まとめ

社内SEは他のSE職と比べると定時に帰れることが多い。

ただし、担当の人数や業務内容、個人の技量にもよるので必ずしも楽かどうかは入ってみないとわからない。

会社によっては、設計や開発を行わず社内のIT雑用だけを行うケースもあり、プログラミングや設計を求めている人には業務内容が物足りないかもしれない。

仕事の内容によってはスキルアップができず、次のキャリアを考えているなら自分で積極的にスキルを上げていく努力をする必要がある。

未経験から社内になるには、転職サイトを使って自分で応募するよりも、転職エージェントで客観的なアドバイスをもらう方が効率が良い。

スポンサーリンク
おすすめの記事